スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーク系スキルのあれこれ

召喚がオリンで盾戦についよいたる所以のマーク系スキルについてのお話。

まずはマーク系スキルのSEと、表記上(←ここ大事!)のダメージについて
+0+1+2+3+4+5+6+7+8+9+10
ウィークネス294295297299301303304306308310311
プレイグ404406409411414416419421423426428
トリック328332334336338340342344346348350
ボイド360363369372376378381383385387389

マークスキルはSEすると、上記のとおり、ダメージがちょっとずつですが増えます。
ただし、実際にDOTで与えられるダメージは表示されている数字の66.6%
ウィークネス+6で304のはずが、202とか203でダメージは表示されます。
これは、DOTのダメージが1s間隔ではないからで、それより短いからですね。
実際ウィークネス+6の場合、202が10秒間に、14回ダメージとしてカウントされ、
合計2842与えることになります。15回なら、303×10=3030とほぼ同じ値なんだけど、
1回すくないのは、Line2では昔からなのでしょうがないですね。。。


次に、トリックを使った時にクリティカルが出た場合。
クリティカルが出た場合、上記ダメージの10倍が(固定)相手に与えられます。
プレイグ+10の場合、4280ダメージが入ります。
また、付け加えてその特性を3点
1.ダメージは相手のMRや耐性には関係ありません。(あくまでDOTです)
2.反射ダメージを受けません。(あくまでDOTです)
3.相手のHPは1以下には減りません。(あくまでDO(ry..)

キュビスキルでレジストされようが、W反射持ちだろうが、クリったらこっちが
無条件でダメージを与えられると、なんとなく卑怯な気もする素晴らしいスキルなんです。

実際オリン盾戦では、相手の火力がさほど高くないときは、
サモン攻撃無し、自身も主砲封印で、相手のバフ欄みながらDOTだけ入れる戦法がつかえます。
ちょっとハメ技っぽいですが、盾戦や、反射持ちヒラ等には有効な手です。

今回字ばっかりでちょっと長かったですね。まだまだマークスキルは奥が深いので、第2回に続くかも(o'▽')
スポンサーサイト

テーマ : リネージュ2
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。